ラベル Raspberry Pi の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Raspberry Pi の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2022年7月26日火曜日

Raspberry Pi Zero 2 W購入

 この時期は暑くて色々とやる気が出ない


先月6/21頃にswitchscienceからRaspberry Pi Zero 2 Wが購入可能とメールを貰ったので、若干逡巡しつつも即購入

案の定その日の夕方には売り切れていた


翌日にKSYからもTwitterキャンペーンでのRaspberry Pi Zero 2 Wを優先購入する権利が当たったものの、すでにswitchscienceで注文した後だったの、DMで辞退の連絡



注文したのは本体と、送料を無料にするために純正ケースを一緒に

旧 Zeroのケースがそのまま使えるとのことなのでよかった


技適マークはパッケージに表示されているので、本体を処分する時までパッケージも保存する必要がある



GPIOピンは少し悩んだものの、センサー系を繋いで遊ぶならあった方がいいので、余っていたGPIOピンを取り付け

ヒートシンクは以前3 b+用に購入したケースに付属で余っていたものがサイズぴったりだったのでそのまま流用
電源も3 b+用に使っていたスイッチ付きmicroUSBケーブルと3AのUSB-ACアダプタを利用
3 b+はPoE給電でZabbxサーバになっているのでこれも余っていてよかった

ただ、micro HDMIとOTG対応のmicroUSB HUBとかケーブルはなかったので、どうしたものかと思ったが、イメージ書き込み時にSSHの設定もできるらしいのでそれで対応


microSDへのイメージ書き込みは公式のRaspberry Pi Imagerを利用

OSはその他から32bitのLite版を選択

右下の歯車から事前設定ができるので入れていく


ホスト名:
 初期値は【Raspberrypi】となっているが、別途Raspberrypiがある場合は重複する事もあるので、末尾にZero等入れた方がいい
SSHを有効化する:
 とりあえず【パスワード認証を使う】で設定、公開鍵は気が向けば別途すればいい

Wi-Fiを設定する:
SSID:
パスワード:
 自宅のWi-Fiの値を入れるだけ
Wi-Fiを使う国:
 【JP】を選択、マウスのスクロールが聞かないのでちょっと面倒

ロケールを設定する:
タイムゾーン:Asia/Tokyo
キーボードレイアウト:
 キーボードレイアウトはどうせリモートで繋げるので初期のUSのままでいいか


これで書き込めばDHCPでIP受け取ってそのままSSHで繋いで利用できる

IPはarpで探すかRouterの払い出いレンジ内なら見るか、ホスト名で繋げるかでどうにでもなるが、一旦繋げてからは改めてIP固定した方が使いやすいな


Raspberry Piはどれも供給が安定していないせいで高額転売も横行しているが、とりあえず手に入れれてよかった

できれば4の8GBタイプを数台繋げたりとか400とモバイルモニターで使ったりもしたいが、ひとまずはこのZero 2 Wでまたセンサー類やら繋いで遊ぶか

2022年1月6日木曜日

Raspberry Piで取得したセンサー情報をGoogleスプレッドシートに保存する(Python)

 Raspberry PiにBME280と MH-Z19Cを繋げてデータを取得できたので、cronで定期的にGoogleスプレッドシートに投げる方法のメモ

(尚、センサー類の部分は省略)


Google 公式ドキュメントは以下の辺りを参照した

【 Google APIs ご利用方法 】 

Google Cloudのアカウントを作成してプロジェクトを事前に作っておき、以下手順を実行


1:Google CloudAPIの有効化

【 Cloud Console API ライブラリ 】からプロジェクトを選択して、APIページで有効にするをクリックして有効化


2:サービスアカウントの作成とJSONキー取得
Google Cloud Platform内から【 APIとサービス 】> 【 認証情報 】を開く
画面右下の【 サービスアカウントを管理 】を開く

画面上部の【 +サービスアカウントを作成 】からアカウントを作成する


【 サービスアカウント名 】を入力、2項目の【 サービスアカウントID 】は自動入力されるので、そのまま作成する


作成したサービスアカウントを選び、移動した先で【 キー 】タブを開き【 鍵を追加 】のプルダウンメニューから【 新しい鍵を作成 】を選び、JSON形式の鍵を作成する
操作しているPCにJSON形式の鍵が保存されるので、Raspberry PiにはSCPコマンドなどで送信しておく

3:必要なAPIライブラリ有効化
Google Cloud Platform内から【 APIとサービス 】> 【 ライブラリ 】を開く
検索窓から【 Google Derive API 】と【 Google Sheet API  】の2つを有効化する


4:Googleスプレッドシート側での共有設定
データを保存したいスプレッドシートを作成し、画面右上の【 共有 】を開き、上記で作成したサービスアカウントを追加する
サービスアカウントの表記は以下の通り
【  <サービスアカウント名>@<サービスアカウントID>.iam.gserviceaccount.com 】


5:Raspberry PiへGoogleスプレッドシートと認証用のライブラリインストール
$ sudo pip install gspread
$ sudo pip install oauth2cliengt


後はPythonでコードを書くだけ

import gspread
import json
import datetime 
from oauth2client.service_account import ServiceAccountCredentials

#Google スプレッドシートAPI認証
scope = ['https://spreadsheets.google.com/feeds','https://www.googleapis.com/auth/drive']
credentials = ServiceAccountCredentials.from_json_keyfile_name('<保存したJSONキーのパス>', scope)
gc = gspread.authorize(credentials)
SPREADSHEET_KEY = '<対象スプレッドシートキー>'
worksheet = gc.open_by_key(SPREADSHEET_KEY).worksheet('<シート名>')

#日時取得
today = datetime.datetime.now()

#Googleスプレッドシートへデータ転送
record = [ today.strftime('%Y/%m/%d %H:%M'), <B列の値>,<C列の値>,<D列の値>,<E列の値>]
worksheet.append_row(record)


<スプレッドシートキー>は該当スプレッドシートのURLに含まれている値を入力する
    https://docs.google.com/spreadsheets/d/<スプレッドシートキー>/edit#gid=0
シート名は日本語でも問題なく認識した

今回のコードではA列に日時を入れている、B〜E列には温度、湿度、気圧、CO2濃度の値をそれぞれ入れて、最終行に追記する形にしている


思いの他簡単に送信できたので、後はデータポータルでの可視化やGoogle Apps Scriptを用いた自動通知などと絡めれば十分使えると思う

端末が増えた場合は、デバイスID的な列を追加するか、スプレッドシートのシート自体を分けてしまえば管理もしやすそうな気がする


次はGCPへのデータ送信もやりたいが、Google IoT Coreからpub/Sub経由でFunctionを使うと課金されるので、試しに使うならBigQueryに直接投げる方法になるかな


2020年5月18日月曜日

Raspbian Buster LiteへZabbix 5.0 LTSのインストール

Ubuntu18.04へZabbix 4.0 LTSを入れたものの、OPNsenseを導入した影響でESXiのリソースが心も解くなったので、Zabbixのインストール先を変更する必要が出てきた

ちょうど5/12にZabbix 5.0 LTSがリリースされたのでそちらをダウンロードすることにした

Sambaサーバに利用しているRaspberry pi 3 B+であればもう少しソフトウェア動かせそうなのと、公式ドキュメントにインストールマニュアルがあったのでそちらを参考にした
DBはUSBメモリにディレクトリを移して容量を確保する
尚、Raspberry piの日本語化はすでに済ましてある


各ソフトウェアのバージョンは以下の通り
    Raspbian Buster Lite
    PostgreSQL 11.7
    Apache 2.4.38
    PHP 7.3.14-1
    Zabbix 5.0 LTS



まずはApacheとPHPとPostgreSQLのインストール
Raspbian BusterはDebina10ベースなので、以下のサイトのDebian10のページを参考にしてコマンドをコピペしていく


■Apacheのインストール
    $ sudo apt -y install apache2


■PHPのインストール
    $ sudo apt -y install php php-cgi libapache2-mod-php php-common php-pear php-mbstring

・タイムゾーンの変更
 $ vim /etc/php/7.3/apache2/php.ini
# 960行目:コメント解除しタイムゾーン設定
    date.timezone = "Asia/Tokyo"


■PostgreSQLのインストール
    $ sudo apt -y install postgresql

■PostgreSQLのデータディレクトリ変更
    ・フォルダ作成と権限変更
    $ sudo mkdir /mnt/usb/pgdata
    $ sudo chmod go-rwx /mnt/usb/pgdata
    $ sudo chown postgres:postgres /mnt/usb/pgdata

    ・DB初期化
     ユーザpostgresにログインして初期化コマンド叩いてユーザpostgresからログアウト
    $ sudo -s -u postgres
    $ /usr/lib/postgresql/11/bin/initdb -D /mnt/usb/pgdata
    $ exit

    ・設定ファイル書き換え
    $ sudo vim /etc/postgresql/10/main/postgresql.conf
     該当箇所を以下の通り書き換え
    data_directory = '/var/lib/postgresql/11/main' # use data in another directory
        
    data_directory = '/mnt/usb/pgdata' # use data in another directory

    ・postgesqlの再起動
    $ sudo /etc/init.d/postgresql stop
    $ sudo /etc/init.d/postgresql start


■Zabbixのインストール
    ・リポジトリ更新
    $ wget https://repo.zabbix.com/zabbix/5.0/raspbian/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_5.0-1+buster_all.deb
    $sudo dpkg -i zabbix-release_5.0-1+buster_all.deb
    $ sudo apt -y update

    ・パッケージインストール
    $ sudo apt -y install zabbix-server-pgsql zabbix-frontend-php php7.3-pgsql zabbix-apache-conf zabbix-agent

    ・DB作成
    $ sudo -u postgres createuser --pwprompt zabbix
        #パスワードは任意で設定
    $ sudo -u postgres createdb -O zabbix zabbix

    ・初期スキーマとデータのインポート
    zcat /usr/share/doc/zabbix-server-pgsql*/create.sql.gz | sudo -u zabbix psql zabbix

    ・Zabbixサーバの構成変更
 $ sudo vim /etc/zabbix/zabbix_server.conf
        #以下コメントアウトして追記
    DBPassword=(任意の値、後で使う)

    ・Zabbixサーバーとエージェントプロセスを開始
    $sudo systemctl restart zabbix-server zabbix-agent apache2
    $sudo systemctl enable zabbix-server zabbix-agent apache2



無事インストールが完了したらブラウザでIPアドレス/zabbixにてログイインする
問題なく表示されたら【Next Step】で次へ


インストール情報が出てくるので問題なければ【Next Step】で次へ


PostgreSQLへの接続情報を入れる欄には上で作成したパスワードを入力して【Next Step】で次へ


Zabbixサーバの情報を登録する
空欄でも可能だがとりあえずNameを【Zabbix】として【Next Step】で次へ


登録情報の確認画面
問題なければ【Next Step】で次へ



正常に設定完了された画面が表示されたら【Finish】で初期設定終了


ログイン画面に遷移したら初期のログインIDとパスワードでログイン


ログインした状態
GUIの表示が4.0LTSと変わってメニューが上から左に移っている


このままだと英語表記なので左下の【User setting】から【Language】を日本語に変更する


これで一通りの設定は完了
今度こそ自宅NW機器のsnmp設定を始めていこう

2020年4月3日金曜日

Raspberry Pi 3 model B+にRaspbian Buster LiteインストールとSamba構築

Raspberry Pi 3 model B+のOSを入れ替えたのでメモ
ついでに以前のブログ内容が手抜きだったので、自分のメモとしてやり直し

公式サイトからGUI無しのRaspbian Buster Liteをインストール
Raspbian ダウンロードサイト

解凍したイメージファイルをSDカードに書き込み
SDカード内直下に【SSH】ファイルを作成してリモートアクセスの準備
Windows10からだと、右クリック>新規作成(X)>テキストドキュメントを作成して
拡張子無しの【SSH】にリネームすればいい

SDカード刺して起動するが、初期だとDHCPなのでXG Firewall側で一時的にDHCPを有効化してIP払い出せるようにしておく


起動したらいつものアップデートとVimのインストール
$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade
$ sudo apt -y install vim


■インターフェース名変更
liteだからなのかデバイス名が【enx+macアドレス】の表記になっていたので、eth0に変更する
$ sudo vim /lib/udev/rules.d/73-usb-net-by-mac.rules
下の方のNAMEの""内を変更
    IMPORT{builtin}="net_id", NAME="$env{ID_NET_NAME_MAC}"
  ↓
    IMPORT{builtin}="net_id", NAME="eth0"

■IPアドレス固定
$ sudo vim /etc/dhcpcd.conf
以下追記
interface eth0
static ip_address=192.168.*.*/28(指定したいIP)
static routers=192.168.*.*(デフォルトゲートウェイIP)
static domain_name_servers=192.168.*.*(DNS IP)

■Wi-Fiの無効化
$ sudo iwconfig wlan0 txpower off

■ネットワークの再起動
$ sudo systemctl restart networking

■IP確認
$ ip a
でeth0に指定したアドレスが表示されていれば問題なし


既存のNTFSフォーマットのUSB-HDDを利用するのでntfs-3gをインストール
$ sudo apt -y install ntfs-3g

念のためデバイス確認
$ sudo fdisk -l

/dev/sda1で認識されてることが確認出来たらマウント場所作成してマウント
GUI環境無いと自動マウントはされない
$ sudo mkdir /mnt/hdd 
$ sudo mount -t ntfs /dev/sda1 /mnt/hdd

起動時に自動マウントさせるためUUIDの確認
$ sudo blkid

【/dev/sda1:】のところのUUIDをメモ

fstabに追記
$ sudo vim /etc/fstab
#最終行に以下記述
UUID= ※メモしたUUID※  /mnt/hdd ntfs
Defaults.nofail 0 0

共有フォルダとして利用するフォルダは【public】、アクセス権付きフォルダは【pi】ですでに作成済みだったのでパーミッション変更
必要であればmkdirでフォルダも作成
$ sudo chmod 777 /mnt/hdd/public
$ sudo groupadd pi
$ sudo chgrp pi /mnt/hdd/pi
$ sudo chmod 770 /mnt/hdd/pi


Sambaのインストール
$ sudo apt -y install samba

Sambaの設定
$ sudo vim /etc/samba/smb.conf

36行目のinterfaces = 127.0.0.0/8 eth0の後ろに接続するIPを記述
今回は端末固定するので/32で
 interfaces = interfaces = 127.0.0.0/8 eth0 192.168.*.*/32 IP指定)

[global]内に追記
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932
max protocol = SMB2
#共有フォルダ
[public]
    path = /mnt/hdd/public
 read only = No
    writable = yes
    guest ok = yes
    guest only = yes
    create mode = 0777
    directory mode = 0777
#アクセス権フォルダ
[pi]
    path = /mnt/hdd/pi
    writable = yes
    create mode = 0770
    directory mode = 0770
    guest ok = no

    valid users = pi


■Sambaユーザ登録してパスワードをRaspberrypi上のユーザと同期させる
$ sudo pdbedit -a pi

sambaの再起動
$ sudo systemctl restart smbd


【\raspberrypiのip\フォルダ名】でアクセスできれば問題なし
GUI無し環境だから少しは快適に動くかな?

2019年8月15日木曜日

Raspberry Pi 3 B+ に新しいOS[Raspbian Buster]インストール

Raspberry Pi用のOSが新しくRaspbian Busterなっていたので

自宅のRaspberry Pi 3 B+にクリーンインストール


OSは公式のダウンロードサイトサイトから
Raspbian

ひとまず最低限のデスクトップ環境だけでいいので
Raspbian Buster with desktop」を選択

ダウンロードからインストールまでは以前のOSと同じ手順で

一番大きいのはDebian 10系になったようなので、
apt-get等がaptコマンドに変わったので入力する文字数が減ったことか


vimと日本語IMEの設定も同様に設定


 今回のはLibreOffice初期インストールされていないの選んだから
 日本語IMEだけ


公式ブログ見る限り以前のバージョンよりも軽くなってるかな?
前のは全部入りのバージョンインストールしたからそれも影響していたかもしれないけど

2019年3月21日木曜日

Raspberry Pi 3 model b+でのvim設定変更

Raspberry Pi 3にvimをインストールはしていたものの、デフォルトの状態で設定を変えていなかったので少し設定変更を行っておく。


$ sudo apt-get install vim
にてすでにvimはインストール済み

設定ファイルが/etc/vim/vimrcに存在するので、piユーザのhome直下へコピーを作成して少し修正する。


$ sudo cp /etc/vim/vimrc ~/.vimrc


保存出来たら設定ファイルの中身を修正する(viで編集)
$ vi ~/.vimrc



26行目コメント解除(構文毎に色分けする)
syntax on

30行目コメント解除(背景色が暗い時に自動で色調整)
set background=dark

40~42行目コメントアウト
(ファイルタイプの検索とファイルタイプ毎のインデントを有効化)
if has("autocmd")
  filetype plugin indent on
endif


最終行に追記

左端に行番号を表示させる
set number

色指定(文字色などを変更)
colorscheme industry



とりあえずコレで多少は見やすくなったはず。

文字色などの色種類は下記で検索可能。
$ ls /usr/share/vim/vim80/colors/
colorscheme


delek.vim
industry.vim ←コレか
pablo.vim
slate.vim
blue.vim
desert.vim ←コレか
koehler.vim
peachpuff.vim
torte.vim
darkblue.vim
elflord.vim
morning.vim
ron.vim
zellner.vim
default.vim
evening.vim
murphy.vim ←コレか

shine.vim


デフォルトで入ってるのはコレくらいで3つくらいは配色が好みかな。
とりあえず見やすければコレでいいか

2019年2月13日水曜日

AndroidからRaspberry Pi 3 Model B+へのリモートアクセス

外出先から自宅のRaspberry Piへリモートで繋げたいので諸々と設定を行う。

AndroidのSIMはOCNのOCNモバイルOne 110MB/dayで一番安い契約をしている。

通常はケチって節約モードで利用してるため、テストもMAX 200kbpsベストエフォート環境で行ってみた。


接続環境は下記図の通り。

ルータのVPN機能によりOpenVPNで自宅NWへアクセスさせる。
固定IPはないが、ルータにDDNS機能があるのでそちらで対応した。

NW構成図


ルータへの接続用アプリケーションは下記のVPNアプリ。
OpenVPN Connect – Fast & Safe SSL VPN Client

ルータ側で証明書を含んだ設定ファイルをエクスポートしてAndroidにダウンロード。

Android側の設定はダウンロードした設定ファイルの読み取りとID、PWでの認証のみ。

接続して自宅内NWの機器へPING試験して疎通確認を行う。



無事繋がれば次はRaspberry Piへの接続

CLIはSSH用の下記アプリを利用。
ConnectBot

SSHのポートは初期値なのでRaspberry PiのIPアドレス、ユーザ名、PWを入力して接続。
ConnectBot


GUIはVNC用の下記アプリ
VNC Viewer - Remote Desktop

こちらもポート番号は変えていないのでIPアドレス、ユーザ名、PWでログイン。

VNCViewer




問題無く繋がったのでBluetoothキーボードとBluetoothマウスで小型PC的な環境構築。
Remote



画面が見辛いので解像度を変更「CEA mode 19 1280x720 50HZ 16:9」に設定してリブート。
解像度


コレくらいの画面表示なら目に辛くないかな?
VNC



念の為モバイル環境での通信量を確認。

セッションを張る際にトラフィックが増えるものの、その後は安定している。

長文を打つとか動画見るのは無理だろうけど、それなりの操作はできそうな感じ。
Traffic


2019年2月9日土曜日

Raspberry Pi 3 model b+へのリモート接続設定

Raspberry Piへモニタもマウスもキーボードも繋げてはいるものの、画面切り替えて操作するのもやはり効率が悪いので、PCやスマートフォンからリモート接続できるように設定を行う。


■GUIであれば画面右上のメニューから

設定」 - 「Raspberry Piの設定」を選んで設定画面を表示。
インターフェース」タブを選択して「SSH:」と「VNC:」のラジオボタンを「有効」に切り替えてOKをクリックして設定完了。
GUI1

これだけで設定完了。非常に楽だ。




■一応CLIでの設定方法も確認

ターミナルから sudo raspi-config で設定画面を表示させる。
設定画面に切り替わるので「5Interfacing Options」を選択
CLI2


画面が切り替わったら、まずは上から順に「P2 SSH」を選択。
CLI2


Would you like the SSH server to be enabled?」と聞いてくるので<はい>を選択。
CLI3


The SSH server is enabled」と表示されるので、<了解>を選択。
CLI4


また設定画面に戻るので同様に「5Interfacing Options」を選択
CLI1


次は「P3 VNC」を選択。
CLI2


Would you like the VNC server to be enabled?」と聞いてくるので<はい>を選択。
CLI5


The VNC server is enabled」と表示されるので、<了解>を選択。
CLI6


あとは設定画面に戻って<Finish>を選択すれば設定が完了してターミナルに画面が戻る。
CLI1




PC側のSSH用ソフトはよくある「Tera Term」を利用する。
VNCはREALVNCの「VNC Viewer」を利用。


Raspberry PiのIDとPWを利用してテストログイン。
どちらも問題なく動いていることが確認できた。
GUI2


今回Raspberry Pi 3 model B+にインストールしたRaspbianは始めからSSHもVNCもインストール済みで、有効にするだけで使えるのは手軽で良いな。

2019年2月8日金曜日

Raspberry Pi3 へのsav-linux-freeのインストール(失敗)

Raspberry Pi 3 model b+もアンチウィルスとかいるかなぁと思いつつ、
とりあえずSophos Antivirus for Linux Free Editionをインストールしてみようかと実験。

そもそもハードウェア的に対応していないのは理解した上でやった無駄作業だった。


SOPHOS - 無償ツール
画面最下部のSophos Antivirus for Linux Free Editionからダウンロード
細かい入力は割愛




ダウンロードしたファイルをtmpフォルダに移動して解凍
$ tar zxvf sav-linux-free-9.tgz


sophos-av/フォルダが作成されその中に無事解凍された。



意気揚々とコマンド打ってインストール実行してみたがエラー。
$ sudo ./sophos-av/install.sh

エラーメッセージ:
Installation aborted: linux/armv7l not supported by this package



そのCPUには対応してないとのこと。

わかってたことだけど一応 
$ lscpu
で確認すればもちろんarm系CPU


まぁ固定IP割り当てる予定もポート開放して使う予定もないから問題ないか。
外からのアクセスはルータのOpenVPNで接続してローカルからアクセスするし。

2019年2月6日水曜日

LibreOfficeの日本語化と日本語入力IMEのインストール

Raspberry Piに入っているLibreOfficeが英語表記のままだったので日本語化を行う。

英語表記のままでもまぁ使えないこともないけど。


以下コマンド実行
 apt-get install libreoffice-help-ja


このコマンド一つで画面の表示とヘルプ含めてまとめて日本語化できた。


普段はWindowsからもAndroidからもGoogleのスプレッドシートを使っているけど、ローカル環境のOfficeソフトが使いたい場合もある。

今更MicrosoftのOfficeを導入するのも考えもの。

マクロが組み込まれてるファイルを操作する必要が出れば、妻のPCを借りるか最悪Office365を1ヶ月だけ契約するのもありだろうか。



日本語入力用のIMEもついでにインストール
sudo apt-get install fcitx-mozc

インストールが完了したらリブート
$ sudo reboot



画面左上のメニューの「設定」内に「Mozcの設定」が追加されているのを確認したら、
画面右上のキーボードメニュー右クリックしてメニュー表示
「現在の入力メソッドの設定」をクリックして設定画面へ。
初期値のものとMozcが表示されているので、初期値のものを選択してウィンドウ左下(隠れてる)にある「-」ボタンで削除して、Mozcだけの状態に変更。


これでキーボードから文章を入力する際も日本語変換が可能になった。

2019年2月5日火曜日

Raspberry Pi 3 model B+のアップデート等

先の作業でNW設定を終わらせてインターネットには繋がるようになったので、
とりあえず最新へのアップデートを行う。
Raspberry Pi 3 model B+のセットアップ


まずは現状のバージョンを確認。

$ uname -a
Linux raspberrypi 4.14.79-v7+ #1159 SMP Sun Nov 4 17:50:20 GMT 2018 armv7l GNU/Linux


パッケージ情報を更新
$ sudo apt-get update

インストール済みのパッケージを更新
$ sudo apt-get upgrade

ディストリビューションを更新
$ sudo apt-get dist-upgrade

Raspberry Piのファームウェアを更新
$ sudo rpi-update

再起動
$ sudo reboot


起動を確認したら改めてバージョンを確認。
$ uname -a
Linux raspberrypi 4.14.94-v7+ #1193 SMP Tue Jan 22 15:34:30 GMT 2019 armv7l GNU/Linux


これでひとまず最新の状態にはアップデートされたかな。

あとはviが使いづらいのでついでにvimもインストールしておく。
$ sudo apt-get install -y vim

2019年2月4日月曜日

Raspberry Pi 3 model B+のセットアップ

特に意味もなくRaspberry Piを衝動買したので設定のメモ等。

まずは初期の立ち上げと、ネットワーク設定として有線LANのIPアドレス固定、Wi-FiとBluetoothの無効化を行う。


用意したのは下記
・Raspberry Pi 3 model B+
・32GB MicroSD Card(Transcend製)
・USBケーブル + ACアダプタ(3A)
・Cat6 LANケーブル1.5m
・HDMIケーブル 1.5m
・USB切替器(マウス、キーボードの2系統用)


接続環境は下記図の通り
SSHでリモート接続すれば問題ないけど、何かの時に直接操作できるように物理的に接続してみた。


今回利用するOSは「Raspbian」
Raspberry Piのサイトから直接ダウンロードする。
Raspberry Pi - Downloads

いくつか種類があるけど、今回は全部入りの「Raspbian Stretch with desktop and recommended software」

ダウンロード時点でのバージョンは下記の通り
Version: November 2018
Release date: 2018-11-13
Kernel Version:4.14

ZIP形式を適当なところにダウンロードして解凍しておく。


次にMicroSDCardを下記ソフトウェアを利用してフォーマットする。
Raspberry Pi財団の推奨らしいので大人しくコレを使う。
SDメモリカードフォーマッター


解凍したISOファイルを下記ソフトウェアを利用してMicroSDCardに書き込み
DD for Windows


■初期立ち上げ

正常に終了したら諸々をRaspberry Pi本体に組み込んで電源ON

Raspberry Piの初期画面が表示され、言語設定と初期PWの設定がGUIで行える。
Wi-Fi設定とソフトウェアアップデートも同時にダイアログに表示されるものの、ここでは設定しないのでスキップして再起動。




■IPアドレスの固定

リモートアクセスやVNCを利用する前提なのでIPアドレスは固定してしまう。
GUIだと画面右上からも設定可能。

コマンド打つ場合は下記の通り。
$ vi /etc/dhcpcd.conf

下記の内容を記述

#Static IP Address
interface eth0

#IP Address
inform 192.168.*.*/**

#Default Gateway
static routers=192.168.*.*

#DNS Server
static domain_name_servers=192.168.*.*

(*部分は各環境によりけりで)


■Wi-Fi、Bluetoothの無効化
下記ファイルに2行追記するだけで行けるらしい。

$ vi /boot/config.txt

ファイルの末尾に追記
#Wi-Fi無効化
dtoverlay=pi3-disable-wifi

#Bluetooth無効化
dtoverlay=pi3-disable-bt



ひとまずこれで起動完了して自宅のNWに接続完了。


図に使ったイラストは下記サイトから
CMANインターネットサービス - 無料素材サービス